前回の納入から約40年が経過し、設備の老朽化の為、名古屋市某高層ビルに特高受変電設備を更新しました。
こちらの特高受変電設備は33kVの大電圧を受電し、設備内で降圧しながらビル内に配電する設備です。

更新時はビルに入居しているテナント様にご迷惑がかからないように、更新計画を進めました。最終的に、古い特高受変電設備から新しい特高受変電設備への切替作業の時は、テナント様が定休日の年末年始を利用して、ビル全体を停電し更新を実施しました。

 

大竹建機産業は、このような大規模な更新は綿密な計画を立て、お客様に寄り添った設備の新設・更新をご提案いたします。

まずはお気軽にお問合せ下さい。
https://www.o-take.co.jp/contact