名古屋市某庁舎様の地下消防設備及び一般設備用の非常用電源として150kVAの発電設備を導入させていただきました。

設置場所が狭く、限られたスペースへ機器を設置する為、作業員と入念に打合せを行い、安全第一で施工を実施させていただきました。

 


地下電気室へ発電設備装置を搬入している状況です。
狭小スペースへの重量運搬になる為、接触事故の無いように注意して施工を実施させていただきました。

 
発電設備から発生する騒音を小さくする為、発電設備用の排風消音ダクト(写真左)、給気消音ダクト(写真右)を設置しました。
 
発電設備用に屋内燃料タンク(写真左)を設置し、発電設備装置との間に燃料配管を接続しました。
燃料漏れが無いように注意して施工を実施させていただきました。
大竹建機産業は、状況に合わせて最適な機器の設計・配置図・施工をご提案いたします。
発電設備、新設、既設に伴う企画・設計・施工から維持管理まで幅広くお客様のニーズにお応えいたします。
まずはお気軽にお問合せ下さい。
https://www.o-take.co.jp/contact