株式会社鶴見製作所様の新製品、「水中ハイスピンポンプ HS3.75SL型」をご紹介いたします。

 

建設現場では、大きな建物や道路を作る際に地下から水が出てきたり、雨が降って水たまりができてしまったり、地下室や地面に掘られた深い穴やくぼみ(ピット)に、時々水が溜まってしまうことがあります。このような場合、工事現場の安全や労働環境を向上させるため、水がある場所から別の場所に移動させる必要があります。

 

「水中ハイスピンポンプ HS3.75SL型」は、最大流量が毎分580Lで、水を効率的かつ効果的に排水することができます。また、家庭用電源でも手軽に扱える“単相100V”で、単相100V仕様の小型水中ポンプでは最大クラスの“出力0.75kw”です。

※(写真左)新製品のHS3.75SL型と(写真右)現行品のHS2.4S型との性能比較写真

※(写真左)新製品のHS3.75SL型の方がさらに大流量化となっています。

 

水中ポンプは、土地や地下の水を排水し、建物や道路の基礎をしっかりと作るのに役立ち、持続可能な基盤を確立します。頑丈な基礎は新しい建物や道路の建設など、経済的な成長を推進し、社会のニーズを満たし、「持続可能な開発目標(SDGs)」から「持続可能な未来の実現」に向けた重要な一歩です。

大竹建機産業株式会社は、経営理念にかがげる「変化」「挑戦」のもと、「持続可能な開発目標(SDGs)」を企業活動につなげ、持続可能な豊かな未来の実現に向けて取り組んでまいります。
https://www.o-take.co.jp/company/sustainability

 

1927年創業以来、長年積み重ねた信用と実績を基に、お客様のニーズに寄り添った「持続可能な開発目標(SDGs)」に配慮した都市整備に必要不可欠な建機や資材の手配にお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
https://www.o-take.co.jp/contact